コーヒーダイエットを実践してみました。(痩せる食事)

最近コーヒーダイエットを始めました。

現在2ヶ月が経ったところですが、1ヶ月で0.5kg、2ヶ月で1.5kgと着実に痩せています。
効果があるので今後も続けていこうと思っています。

コーヒーの効果と実践方法は以下の内容です。

・コーヒーの効果
コーヒーに含まれるカフェインは脂肪を脂肪酸として排出してくれる働きがあります。
これにより脂肪を燃焼させる働きにつながっていきます。

・飲むコーヒーの種類
砂糖やミルクは糖質、脂質の摂り過ぎにつながるため基本的にはブラックで飲みます。
どうしても飲みたい場合は夜の夕食後に砂糖とミルク入りを一杯だけ飲むようにしました。

・コーヒーを飲む時間
私は元々朝食はコーヒーのみといった食事だったので、これは毎日飲むことが出来て嬉しいダイエット方法でした。
また毎食時に1回、間食時に1回、夕食後に1回で基本的に1日5回飲みます。
これ以外にも会社にいる仕事中に適宜飲んでいましたし、私の場合は8~10回飲んでいます。
元々コーヒー好きなので、これはむしろ普通のことでコーヒー好きな人には適したダイエット方法だと思います。

この内容で1週間ほどで朝の胃腸の調子が良くなって朝の胃腸の不快感が少なくなってきました。
朝が快調だと日中の眠気なども無くなるので仕事の集中力もあがるようになりました。
それと胃腸の調子が良くなったことで便通良くなってきました。
これはコーヒーの効能でもあるようです。

すぐに実感が出てきたので、少し自分なりにアレンジしてみました。
コーヒーをアイスとホットでバランスよく飲む方法です。
夏場はアイスになりがちなのですが、私の場合、朝食の目覚めをすっきりさせるためにホットにしてみました。
するとさらに便通がよくなり胃腸の調子があがったように感じ、効果的でした。
夏場も身体を冷やさないようにしたいので、コーヒーを沢山飲む人にはホットの回数を増やすことをおすすめします。

これで1ヶ月で0.5kg、3ヶ月で1.5kg痩せることができています。
コーヒー党の私には簡単に痩せる方法なので、今後も長く続けていきたいと思います。

肩甲骨ダイエットとはどういうものなのか。痩せるストレッチ/痩せる食事。

とてもたくさんあるダイエットの中でも低糖質ダイエットってなんだか食べるものを制限はするものの、とくに量は制限しなくていいので、とても楽そうでいいですよね。
そんな低糖質ダイエットというのもやり方を間違ってしまえば意味がないようなのです。
しかし実際に効果を実感している人はとても多いので、しっかりと間違いのない方法で低糖質ダイエットを行っていきましょう。
低糖質ダイエットでまず重要なのがいかに糖質をいろいろなところから減らしていくのかということです。
例えばごはんやうどんにラーメンなどのいかにも糖質を多く含んでいそうな食べ物のことです。
どうやって量を減らしていくのかというと、まずは単純に量を減らしていくというのもいいのですが、出来ればそこで制限はしたくないのでなるべく低糖質になっているごはんなどを選びましょう。
最近は低糖質ブームになっているので、それ専用のごはんなどをスーパーなどで購入することができます。
単純に糖質が半分になっているものなら倍食べても同じカロリーとなるのです。
そして食べていいものについてですが、低糖質ということはなるべく糖質を含まない食品が好ましくなっています。
とくに野菜などの糖質を含まないものならいくらでもなんでも食べてしまって平気なのです。
ちなみにお肉なども糖質はないので、食べることができます。
ただここで注意点があるのですが、お肉の白い部分はあくまでも糖質となっていますので、出来るだけその部分はこそいでから食べるようにしましょう。
こうして低糖質を続けていくと、確実に体重は減っていくのですが、そのうちどうしても一定のところで止まってしまうことがあります。
しかしこれは人間の生存本能によるものなので、どうしようもありません。
それでもそのまま続けていけばそのうち落ちてくるので、根気強くやっていきましょう。
何にしても諦めないことが重要なので、しっかりと継続力を見につけていきましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ